経済産業省の北畑隆生事務次官の続きです!!

  ディトレの主体は外人のファンド、証券会社の自己売買でしょう。
IPOの新規公開日に空売り禁止銘柄でも空売りをする、みずほ証券、
ルール無視が可能な東証の取引システムのほうが許されるものではない。
今の株式市場参加者で、外人の比率が70%超えたと本日の朝刊にでている。
一方個人の参加は20%程度ですから、個人のデイトレはわずかな比率ですよ。
平均的な外国人株主比率は20%程度なので、外人の短期売買は盛んであることが
分かります。
日銀総裁が村上ファンドの騒ぎで、投信について自分は、ど素人と表現しました。
それに続いて、経済産業省のトップである次官が無知で、勉強もしていないことが
世界中に知られてしまいました。
  --- pseukahneman --- さんの ブログより

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

しまうま
2008年02月15日 22:49
お上に守ってもらう時代はもうやめてもいいんじゃないかって思います。
自分たちの生活は自分たちが作り出すようにしたほうがいいんじゃないかって・・・。ただ闇雲に会社勤めしてサラリーもらって余生を過ごすなんてたぶん無理なんでしょうし。正直年金とか払うのばかばかしいです。
日本の資産のおよそ半分は65歳以上の人たちがもってるんだって。
老人ばかりが裕福で、若いのは生活保護水準ってのが今の世の中みたいです。
正論かも
2008年02月17日 10:49
 しまうま さん 今日は。
箇条書き風で申し訳無いのですが、分かりよいのではないかと
思いまして。
1、老人にも色々な環境の人達がいるのではないでしょうか?
 資産的にも、家族的にも恵まれている人達。一方では、生活保護者や
 ホームレスや孤独死を迎えなくてはならない状況の人達。
 これは老人世代だけではなく、現役世代にも当てはまるかもですね。
2、もし老人にお金が無いことを想像して下さい。
 ○働きたくても、まともな働き口があるかどうか? 少なくとも
 正社員にはなれないでしょう。殆どの会社は年齢を条件に付けて
 います。 又、かなり安い賃金の可能性もあります。 
 唯。天下りとか、大企業の役員だった方とか、高級公務員だった
 人達は別かもですね。
 ○病気になった時どうするか、身寄りが少ない場合、スムースに助けて
 貰えるでしょうか? お金が無いと、恐らく悲惨だと思います。
 これに関しては、若い人達の非ではない。
正論かも
2008年02月17日 10:50
3、その老人達も、若い頃や現役時代は(一般的に)裕福であったとは
 思われません。こつこつと30年・40年間働いてきたのではないかと
 思われます。 時代の流れで支え合ってきたのが年金制度だと思いま  す。 人生の終盤を迎えた老人達が、悲惨な状況であるか又は不幸か。
 それとも幸せな人達が多いか。 しまうま さんは、どの様に
  捉えられますでしょうか?

この記事へのトラックバック