外で働きたいが夫が認めない

2008年2月24日 読売新聞  人生案内 より 全文掲載

50歳代主婦。十数年前に今の夫と再婚しました。外で働き、社会参加したいと思っているのですが、夫に認めてもらえません。
 昨年、夫の叔父が認知症だと分かり、しばらく私が世話をしました。それをきっかけに私はヘルパーの資格を取り、叔父の件が落ち着いた後、夫に外で働きたいと言いました。ところが、夫は「おれが食わしてやっているのだから叔父の世話は当たり前のこと。働くなら生活費を入れろ」と聞く耳を持ちません。
 私たちは婚姻届は出していません。夫も再婚で、ともに前の相手との子どもがいますが、全員独立しています。私の両親は「見切りをつけて戻ってこい。自分たちの老後の世話をしてくれ」と言います。
 これまで夫の子どもや孫の面倒もみてきました。今度は、自分の子どもたちにいろいろしてやりたい。そのために働きたいのです。自分らしく生きたいだけなのです。(秋田・W子)



 今まで、夫やその家族に尽くしてきたので、これからは「自分らしく生きたい」というあなたに、同感です。そのために、外で働きたいとヘルパーの資格をとったことも、立派だと思います。
 ただ、あなたは、夫が、働くなら生活費を入れるように言っていることに、不満のようですね。しかし、外で働いて収入を得たら、生活費の一部を負担するのは、当たり前のことです。生活は夫に依存して、自分の収入は全部自分のために使いたいというのは、身勝手でしょう。

 夫は、あなたが働くこと自体に反対しているのではないようなので、収入に応じた生活費を入れて、堂々と働けばよいのではありませんか。そして、共働きになったら、夫にも家事に協力してもらいましょう。

 あなたが社会参加をして、生きがいを見つけ輝くことにより、あなたを見る夫の目も変わってくるかもしれません。夫に見切りをつけて親のもとに戻るかどうかは、あなたが働いた結果の夫の態度をみてから判断すればよい、と思います。

 (土肥 幸代・弁護士)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年03月03日 22:56
正論かも?さんは、引用文だけで何を伝えたいのか?その意図が見えないのですが。斉藤さん度はゼロの記事でしょうか?
正論かも
2008年03月04日 16:04
 ○ <夫は「おれが食わしてやっているのだから> という発言について。
他のスレッドでも書いているのですが、女性は出産・育児で、その期間や生涯にわたり経済的に弱点を抱えます。 それなのに上記のような事を言われたり、そういう態度を取られたりすると、結婚や育児に対して良い印象を持てないのではないかと思われます。
結果として益々少子化が止まらなくなるのではないでしょうか。
 ○ <ただ、あなたは、夫が、働くなら生活費を入れるように言っていることに、不満のようですね。しかし、外で働いて収入を得たら、生活費の一部を負担するのは、当たり前のことです。
生活は夫に依存して、自分の収入は全部自分のために使いたいというのは、身勝手でしょう。> この問題も、根源は女性の置かれている状況に
起因しているのではないかと推量されます。 この相談者の男性も女性も自分の事しか考えていないような気がしないでもないですね。
 ○ 「斉藤さん度」 の事ですが、このスレッドの本文 「斉藤さん度チェック!!」のカーキ色をクリックして頂ければ、そのブログに書いてあります。そこから引用させて頂きました。
2008年03月04日 17:15
私はこの記事を見て思ったのは、最初の女性の言葉「夫に外で働きたい」がそもそもの問題かと。最初に女性が「叔父さんを介護して、介護が大切だと思った。私のように苦労している人を助けてあげたい」って気持ちをちゃんと伝えれば問題はなかったかと思いました。「働く=収入」になりますから。夫の言動もわからなくはないですね。

この記事へのトラックバック