恋愛下手なオトコたち

  なんか笑えるような、笑えないような。 そんな記事があったので紹介します。

msn. 恋愛・結婚 人間ドキュメント 恋愛下手なオトコたち vol.5 より  <全文掲載>

 「恋愛とは理不尽」がわからない!?
ギャルしか愛せない東大卒エリート⑤ 学生時代、あらゆる楽しみを放棄して東大入学を果たしたように、Aさんは努力を重ねて現在の社会人としてのポジションを築いてきた。一生懸命努力すれば必ず報われる、というのはAさんのs信条でもある。もちろん、こうした点はAさんの美点でもあるのだが、こと恋愛に関しては必ずしもプラスに働いていない。

「努力というのは、必ず結果に反映されますからね。東大入試という難関をクリアできたわけですから、恋愛だって努力すれば必ず報われると思っています。だからこそ、自分の理想を追求しているわけです。」
Aさんが自身を省みず、自分の理想を押し通す理由は東大合格という“成功体験”にある。だが、恋愛は受験とは違う。そもそも、恋愛とは縁だ。努力しなくても上手くいく者はいるし、努力しても上手くいかないときは上手くいかない。Aさんには、そこがよく理解できていないようだ。

「勉強でも仕事でも、目標を定めてちゃんと努力すれば上手くいってきたわけです。そして、私にとって勉強や仕事で目標を達成するということは、最終的には理想の恋愛の成就という究極の目標があるわけですよ。もし、そういう努力が恋愛の成就に結びつかないとなれば、一体どうすれば理想の女性をゲットできるのか途方に暮れちゃいますね。」

Aさんの努力する姿に惚れる女性もいるかもしれないが、そうではない女性もいるかもしれない。恋愛は相手次第である。そのことが、Aさんにはわからない。
「でも、高学歴や財力のある男性ってモテますよね?」
もちろん、学歴や社会的な地位というのは男性の属性の一部ではある。そういうものを基準に男性を選ぶ女性だっているだろう。もしAさんが自分の最大のセールスポイントが東大卒という高学歴にあると思うのなら、そうした女性を相手にすればいいだけの話。だが、全ての女性にAさんのセールスポイントが通用するわけではない。ましてや、20歳そこそこのギャルに、そうしたセールスポイントが通じるとは思えないが……。恋愛とは相手あってのものだ。
「じゃあ、私がいくら努力してもダメなものはダメということですか?」

もちろんルックス、財力、社会的地位など、一般論として女性へのアピール材料はあるだろう。だが、いくらカネがあろうと優しかろうとルックスが良かろうと、その女性にとって魅力を感じなければダメなものはダメなのだ。
「そこがわからないんですよね。努力してもダメなものはダメ、というのは理不尽じゃないですか。こんなに努力しているのに、こんなに好きなのに、それが報われないというのは辛いですね。今まで、何のために努力してきたのか……。」

そもそも、恋愛というのは理不尽である。普通の人は、異性と接することを通して早い時期にそれを知る。
だが、Aさんは受験に没頭するあまり、思春期に女性と接する機会がなかったために、恋愛の理不尽さを知る機会がなかったのだろう。今さら、そんなAさんの恋愛観を変えることは不可能かもしれない。もちろん、Aさんのような恋愛観に魅力を感じる女性だって、今後出てこないとは限らない。これまで繰り返してきたように、恋愛に“絶対”はない。
 しかし、Aさんがギャルにこだわる限り、彼の恋愛成就の見通しは限りなく暗い。


 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

しんちゃん
2008年06月07日 19:44
正論かもさん。今日は。
あまり得意なテーマじゃないけど、一言言わせていただければ、恋愛もギヴ&テイクの世界なんじゃないでしょうか。東大入学だって「学生を欲する大学」に「しかるべき勉強をしたもの」が入るとすれば、ギヴ&テイクですね。ただ、その種類が違うだけなんじゃないかと思いますが。ま、よく分かりません。

この記事へのトラックバック