何故、リストラなんでしょう?

 <先月、掲載した記事ですが、埋もれてしまいましたので、再度掲載致します。>

何故、リストラなんでしょう?
シェアリングという発想は無いのでしょうか?
 概観だけで真に大雑把ですが、例えば、10名の会社。
月収一人平均30万だとします。一人をリストラすると30万円うきます。
 でも、残りの9名から3万円ずつシェアリングするとリストラする必要は無くなります。
これは、一つの会社に限った事ではないのです。
日本全体にも言えることではないでしょうか。
勿論そんな単純な話ではないのですが、もう少し全体のバランスを考えないと、悲惨な事件(凶悪な事件とは限りません。身近なところで)や悲劇が多発するように感じられます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ロッキー
2009年01月06日 22:38
はじめまして、つくばのロッキーと申します。

シェアリング、単に支給額だけでなく、労働時間自体のシェアリングや、季節・休暇を含めた働き方のシェアリングまで考える時期だと思います。

先行して導入する企業が出てきて成功例が出てくるまで、日本の一般企業は動かないでしょうね。
それまでは、従来型のやりかたで行けないか、他を見ながら体力を減らして行くでしょうね。

悲しいかな、日本の企業経営者には、この不況を突破する実力はないと思います。

正論かも
2009年01月07日 19:29
 ロッキーさん。コメント有難う御座います。
難しい事態にさしかかっている様ですね。
労働時間のシェアリングも製造業、一次産業、サービス業等や輸出関連業と内需関連業など一律にはいかないかも知れません。給与のカットにしても、時限なのか、そうでないのか。退職金や失業保険・厚生年金保険の経理処理をどうするのか。国的なレベルでいえば、国家公務員と地方公務員や地方議員の給与のカットは、私の言うシェアリングの精神に一番近いのでは無いかと考えております。

しんちゃん
2009年01月09日 01:53
正論かもさん、今晩は。具体的には様々な要因があるのでしょうが、主因は「人間不在」の考えではないでしょうか?仕事も会社も突き詰めて考えれば、生きるための「道具」や「手段」ですよ。そしてその「道具」の「奴隷」になり、「手段」と「目的」を履き違えてしまう。人間優先だったら、リストラをさせないために何とか知恵を振り絞り出します。考えの歪みからくるところに基本的な問題があるように思えるのですが、いかがなものでしょうか?
正論かも
2009年01月09日 19:31
 しんちゃん さん。今晩は。
確かに仰る通りだと思います。
非正規社員の雇用が、物品購買部にて行なわれているそうですね。経営者が何を考えて会社の経営をしているのか? 又、労働組合は、ワークシェアリングや賃金カットに反対しているそうです。アメリカのGMもその様ですね。多くの人達が内向きで我の身だけの保身に走る時、先に見える社会はどの様なものでしょう。 

この記事へのトラックバック