ムーラン・ルージュ (たった1度きりのショー)

 そして最後に 彼は こう 言った

“人が この世で知る-”“最高の幸せ”“それは誰かを愛して-”
   “そして その人から-”“愛される事”


「ムーラン・ルージュ」 それはナイトクラブ

 ナイトクラブでは毎夜毎、饗宴が繰り返されていた。
  1,900年頃のパリ

 ダンスホールで娼館

 花形スターのサティーン。
サティーンは自分を本当の女優にしてくれると約束している公爵と二人きりで会うことを心待ちにしていた。
が、ちょっとした手違いから、クリスチャンを公爵だと勘違いしてしまう。
劇作家クリスチャンはサティーンの目の前で自作の詩を朗読し、二人は恋に落ちてしまう。

 サティーンの日頃より歌っていた歌

 “フランス人は喜々として 愛のために死ぬ 命を賭けた決闘が大好き”

  “でも あたしが好きなのは 後腐れがなく そして気前よく 高価な宝石を くれる男”

 “手にキスする風習も 悪くないけれど ダイヤモンドは 女のベスト・フレンド”

  “とろけるキスで アパートの家賃は払えない 子ネコの餌代も出ない”
   “女が年をとると 男は去って 色香のあせた女が 取り残される”

 “でもダイヤは いつまでも変わらない ダイヤモンドは 女のベスト・フレンド”


  貧乏劇作家クリスチャンとサティーン は ・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック