村上春樹さん:イスラエルの文学賞「エルサレム賞」授賞式・記念講演全文/上(2/2ページ)

 (正論かも・・・下記部分は、一部抜き出した文です。
この様な行動が出来る事は、村上春樹さんが既に名声・富共に持ち得ているからではないでしょうか。
女尊男卑の所にも書いてありましたが、男性は「反対に<女性に対して『調教』などの言葉を使ったら即アウト、作家生命は絶たれますよ」と指摘する>
この様な場合のみで無く、日本は横並びの強い国で、一つの流れに逆らう事が非常に不利になる面が有ります。)

しかし、考えに考えた末、最終的にはここに来ることを決めました。
理由の一つは、あまりにも多くの人が「行くな」と言ったからでした。
他の多くの小説家と同じように、私は人に言われたのと正反対のことをする傾向があります。
もし、「そこへ行くな」とか、「それをするな」と命令されたり、ましてや警告されたりすると、私は逆に「そこ」へ行ったり「それ」をやったりしたくなります。
あまのじゃくは小説家である私の天性といえます。小説家は特別な種類の生き物です。
自分の目で見たものや、自分の手で触れたものでなければ、心から信頼できません。
だから私はこうしてここにいます。

記念講演全文 (毎日jp)

上・・・http://mainichi.jp/enta/art/news/20090302dde018040043000c2.html

下・・・http://mainichi.jp/select/world/archive/news/2009/03/03/20090303dde018040076000c.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック