スペイン風邪では4千万人死亡 恐ろしい“新型”の大流行

 当時の世界総人口は12億人位で、3千万人~5千万人の死亡というのはかなり重大な事です。
死亡人数が曖昧な数になっているのは、第一次世界大戦が終結していなくて、軍の秘匿と死亡原因の不明や、大戦の混乱からきてる様です。
スペイン風邪といわれていますが、アメリカ軍の兵営で発生したのが最初の様です。 
 この新型インフルエンザのパンデミックにより、大戦の終結が早まったと言われています。

今回、タミフルやリレンザをメキシコに送り、初期の根治を図る必要はないのでしょうか。

そういえば、小説ではありますが武者小路実篤の「愛と死」で村岡の許婚、野々村夏子が亡くなったのもスペイン風邪である。

サイトカイン・ストームについて。 サイト URL
 http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1206111266

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック