男子禁制!!ロッカールーム:第2回 オスの競争、メスのえり好み=篠田節子

(正論かも・・・女性が選ぶ性であるのなら、社会への責任を多く持って欲しいものですね)

性差はなぜあるのか?というタイトルで、生物学者、長谷川真理子さんの講演を聴いた。
性差について、発生、機能、進化などから説き起こす、アカデミックな内容なのだが、聞く方は「性」と聞いたとたんに、ストレートに哺乳(ほにゅう)類、というよりは、人間の男女の関係に結びつけたくなる。
結果、フェミ原理主義者の袋だたきにあったり、デヘデヘと照れ笑いを浮かべたオヤジから珍妙な質問を浴びせかけられたり、と生物学者の先生もなかなかたいへんだ。

さて、オスとメスの間では、繁殖に際してのちょっとした葛藤(かっとう)がある。
オスは同性間でメスをめぐって競争し、メスはオスを選ぶ。オス間の競争とメスのえり好み。どちらが優先されるのか、というお話はたいへん興味深い。
結論から言うと哺乳類ではオス間の競争が、鳥類などではメスのえり好みが優先される傾向があるとのこと。
その理由やメカニズムが、講演のメーンテーマなのだが、そのあたりは正確に要約する自信はまったくないので省く。
興味のある方は長谷川真理子著「オスとメス=性の不思議」(講談社現代新書)を。

 お話の中で先生が挙げられたアシカのハーレムの例は、野生生物の擬人化はナンセンスとわかっていても、なかなか身につまされるものがあった。
競争に勝ち残ったオス一頭に、メスが多数。意外なことに、メスはそんなテストステロン(男性ホルモン)たっぷりの乱暴者オヤジなんかより優しくハンサムな若いオスの方が好きだった!

イラスト・とりのなん子 
所詮(しょせん)、女は強い男(金や地位も含め)が好き、というのは銀座のクラブや二昔前の青年漫画の世界だ。
メスは当然、好みの優男の元へと向かい、それをボスは阻止する。群れを守る行動が、浜に乗り上げてきて子供を食うシャチを警戒することだけだと思ったら大間違い。他のオスの遺伝子を排除することだった。
それでも好きなオスのところに行こうとするメスを、体重にして6倍もあるボスがかみつき、殺してしまうことさえある。
とんだDV野郎というか、歌舞伎も真っ青な世話物の世界だが、繁殖行動におけるオス同士の競争の結果がメスのえり好みに優先する極端な例、ということだ。

ところで酔っぱらっては、自分を野生動物のオスになぞらえ、「男というものは」とやる殿方は多いが、もし本当にアシカやライオンになるとすれば、さぞしんどいことだろう。
圧倒的多数が負け組に回る世界では、たかだか一回の交尾が、島耕作になるより難しい。
万一、戦いに勝ち残ってボスになったところで、自分を嫌って逃げ出すメスを始終見張っていなければならず、若い挑戦者に追い落とされたら最後、その先には会長、顧問のポストも、天下り先も、平和な余生さえない。

 なお、これは長谷川先生の講義ではないが、ハーレム周辺でうろちょろしている負け組のオスが、端っこにいるメスにひょい、と乗っかって思いを遂げ、メスは素知らぬ顔でその子供を産み育てる、という痛快な例もけっこうあるそうだ。
正真正銘の「不倫」ってやつだが、そうしてみると男女間の「倫理」の起源は、勝ち組オスのテリトリー維持かとも思えてくる。

 ここまでは、哺乳類の話だが、鳥類魚類、となると事情はだいぶ変わってきて、オスの競争よりメスのえり好みが優位に来るとか。
ときには敵に発見される危険をおかしてまで、派手な格好をしたやつが現れる。

 オスの競争とメスのえり好み。どちらが優先されるか、ということは別にして、メスが「繁殖に際して選ぶ性」であることは間違いない。
「やるやらないは私が決める」は、「産む産まないは私が決める」以前の、リプロダクティブライツ/ヘルス(生殖に関する権利と健康)の基本でもあろう。

(作家)=次回は5月9日掲載

  毎日新聞 2009年4月25日 東京朝刊
http://mainichi.jp/life/housing/news/20090425ddm013100161000c.html

<同カテゴリー過去記事>
 東国原知事の徴兵制発言・・・http://paworld.at.webry.info/200712/article_2.html
 子供を産んで育てるよりは>>・・・http://paworld.at.webry.info/200801/article_18.html
こんな男がいるんですね!!・・・http://paworld.at.webry.info/200802/article_3.html
 意外な事実!!中国・・・http://paworld.at.webry.info/200802/article_5.html
 女はわがままになった 森英恵 談・・・http://paworld.at.webry.info/200802/article_11.html
外で働きたいが夫が認めない・・・http://paworld.at.webry.info/200803/article_2.html
 長谷川三千子氏の「正論」(男女共同参画)・・・http://paworld.at.webry.info/200803/article_14.html
 イプセン『人形の家』(新潮文庫、1989年73刷改版)・・・http://paworld.at.webry.info/200803/article_15.html
「親友」と「恋人」と「家族」と「仕事」あえて選ぶなら・・・http://paworld.at.webry.info/200803/article_19.html
男女共同参画に代表される女性権力(フェミニズム)の社会病理について言及する。
   http://paworld.at.webry.info/200803/article_20.html  
 未婚の女性の方々へ・・・http://paworld.at.webry.info/200804/article_3.html
 男らしさ・女らしさの追放・・・http://paworld.at.webry.info/200806/article_1.html
 恋愛下手なオトコたち ・・・http://paworld.at.webry.info/200806/article_2.html
 男は、負けたら拙い状況になる可能性は多いにあります。・・・http://paworld.at.webry.info/200806/article_9.html
 男は、負けたら拙い状況になる可能性は多いにあります。その2・・・http://paworld.at.webry.info/200806/article_13.html
【この現場】第4部・結婚はどこへいく(3)ずるずる晩婚・・・http://paworld.at.webry.info/200811/article_4.html
 ムーラン・ルージュ (たった1度きりのショー)・・・http://paworld.at.webry.info/200902/article_11.html
女尊男卑・・・http://paworld.at.webry.info/200902/article_15.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック