お座敷列車に乗りました。^^

結婚式への出席を兼ねて、1週間ほど帰郷していました。

10月7日(水)のANAを日時共変更したこともあり、後のほうへ日程をずらしました。

夜のとばりに包まれる頃、人吉の駅に着き球磨川鉄道・湯前線のホームに立ちました。

お座敷列車という言葉は知っていましたが、この様な列車を言うのでしょうか?

3両の内、1両が金属の匂いがしません。

恐る恐る、乗り込みました。


画像


この車両、切り離されるかも知れない。?


画像


大丈夫でした。^^

画像


画像


地方もなかなかやるなー! と感心しきりです。

肥薩線とは肥後と薩摩を結ぶ鉄道で、内陸部を走り八代から隼人までの線です。

肥薩を結ぶもう一方は八代海・天草灘の海の方を通る鹿児島本線があります。

肥薩線の途中に人吉駅(市)があります。

市房山の頂を源流として球磨川が作られ、人吉盆地を流れていきます。

人吉盆地にはもう一つ川辺川が流れ込んでいます。川辺川ダムの問題で知られることになりました。

川辺川の上流に〝五木の子守歌〟で有名な五木があります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた 驚いた
ナイス ナイス

この記事へのコメント

しんちゃん
2009年10月20日 05:06
正論かもさん、おはようございます。なかなかシャれたデザインですね。お写真有難うございます。私は地方に行くことは滅多にない(ほとんどない(~_~;))ので、なんかとてもほのぼのとした気持ちになります。近頃の東京は本当につまらなくなったと思います。どこに行っても、チェーン店や大型店が目立ち、以前あった街の個性がなくなりつつあります。かつては山の手、下町と色々な特色や面白さ、人間臭さがありましたが。だからせめて、地方には特色あるものを残して欲しいと願っております。有難うございました。
正論かも
2009年10月20日 18:45
しんちゃん さん。 今晩は。

私も、白いセメントで作られた四角い建物には馴染めないものを感じます。
経済性からいったら仕方ないのかもしれませんが。 
 下町の路地裏に入ると、江戸や明治・大正の匂いのするところありましたね。最近行っていませんので、よくわかりません。
 東京にも、西多摩や青梅の奥の方には豊かな山並みや緑が残っています。
ふるさとと同様に心が癒されます。

この記事へのトラックバック

  • 心理的硬さ とは 『坊っちゃん』考

    Excerpt:  事象や人への思考・判断をする際に、それぞれの一致点、相違点、類似点などをあまり考慮せず、単純で断定的な結論を出そうとする心理的姿勢を言う。 Weblog: 社会派・正論かもブログ racked: 2010-02-23 16:55
  • 君死にたまふことなかれ 与謝野晶子

    Excerpt:   原文                  (正論かも 解釈文)     あゝおとうとよ、君を泣く  弟よ、あなたを思って泣いています 君死にたまふことなかれ  どうぞ、死なないで下さい 末に.. Weblog: 社会派・正論かもブログ racked: 2010-08-18 19:20