毎日・毎日 殺人もののドラマを垂れ流す民放

タイトルの一部です。

2011年
3月4日(金)  TBSテレビ  1:55 「2/3の殺人」
テレビ朝日   1:55 「午前4時半の殺人現場!!」
                 3:00 「3つの殺人で1つの死体!?」
                21:00 「無残な刺殺体が見つかる」
3月3日(木)  TBSテレビ  1:55 「息子の命を奪った犯人は」
3月2日(水)  TBSテレビ  1:55 「停電密室殺人の謎を」
テレビ朝日   1:55 「西陣織殺人連鎖!」
        3:00 「パーティ連続殺人!」
 3月1日(火)  テレビ東京  11:30 「伝説の殺人鬼」
 2月28日(月) TBSテレビ 21:00 「通り魔殺人事件の血文字に」
2月26日(土) テレビ朝日   0:00 「三条大橋殺人事件の」
フジテレビ   3:25 「津和野殺人事件」
 2月25日(金) テレビ朝日  21:00 「謎の警官殺し・・・」
 2月24日(木) TBSテレビ  1:55 「親子3人惨殺事件!」
          テレビ朝日  21:00 「殺人時効の女帝!!」
 2月23日(水) TBSテレビ  1:55 「愛憎殺人・・・」  
 2月22日(火) TBSテレビ  1:55 「第二の殺人を招く!」
          テレビ朝日   3:00 「殺人証拠!!」「微笑む殺人犯!!」
 2月21日(月) テレビ朝日   3:00 「再会が招いた殺意!!」
 2月19日(土) テレビ朝日   9:55 「殺人事件、函館~釧路~知床」
                       「同時殺人の乗客!!」
                       「花見小路殺人事件」
                  9:00 「殺人を隠蔽する検察!?」
 2月18日(金) テレビ朝日   3:00 「連続殺人の真相を」
          TBSテレビ 22:00 「殺人犯は刑事」
 2月17日(木) テレビ朝日  21:00 「二度殺した女!?」
 2月16日(水) テレビ朝日   3:00 「殺される留守電に」

 データの列挙は、きりが無いのでこの辺で止めます。  

 こうして改めて見てみると、TBSテレビとテレビ朝日が多いようです。

 娯楽ものなんだからそう目くじら立てることもないだろう、とか見たくなければ見なければよいだけの話だよ、とかの考えも当然あるでしょう。
 又、様々な形で報道・放映されること自体は、報道の自由ということで許されるのかも知れません。
又、見る人がいるから流されてもいるのでしょう。
 サスペンス好きの為に、というのもあるそうですが、推理するのは一見頭を使っているようですが、自分の好きに考えてるだけの様な気もします。

 それにしても多過ぎる感じが否めません。
殺人など現実にはそうそう起こる訳ではありません。勿論、無いことはなく、その事件そのものは深刻なわけですが、センセーショナルに報道されるために日常的なことだと錯覚してしまいかねません。 殺人までいかなくて、それに近い状況は身近にあるとでも言いたいのかな。それも、そんなにあるとは思えないのですが。

 心理描写や社会状況を描いているのだよ、という見方もありますが、殺人という事項に繋がっているのなら、殆んど無いことに関連付けられる訳だから意味を為さない気もします。

<報道・マスコミ・テレビ・映画 (ドラマ)>

○讀賣新聞の企画について・・・http://paworld.at.webry.info/200712/article_56.html
○素晴らしき 「貧乏男子」^^・・・http://paworld.at.webry.info/200802/article_13.html
○テレビ局やスポンサーは なぜ 募金を募らないのか?・・・http://paworld.at.webry.info/200805/article_11.html
○政治ドラマ CHANGE・・・http://paworld.at.webry.info/200805/article_12.html 
○シルベスター・スタローン 語る・・・http://paworld.at.webry.info/200806/article_6.html
○日立建機グループのCMは素晴らしい!!・・・http://paworld.at.webry.info/200807/article_8.html
○古舘伊知郎 さん。そんな言い方は駄目だと思いますよ。・・・http://paworld.at.webry.info/200807/article_9.html
○生きてることが辛いなら・・・http://paworld.at.webry.info/200810/article_2.html
○イメージのワナ 鋭い指摘だと思います。私も日頃から感じていた事柄でした。・・・http://paworld.at.webry.info/200810/article_17.html
○米新聞、出版界苦境 日刊紙発行を断念、リストラの嵐… (1/2ページ)・・・http://paworld.at.webry.info/200810/article_23.html
○もし、テレビが無かったら。・・・http://paworld.at.webry.info/200812/article_4.html
○東大落城・・・http://paworld.at.webry.info/200901/article_17.html
○賛否両論なき日本のネット民主主義・・・http://paworld.at.webry.info/200902/article_5.html
○NHK の2つの番組の報道姿勢への疑問・・・http://paworld.at.webry.info/200902/article_10.html
○地デジ移行、誰のため・・・http://paworld.at.webry.info/200904/article_8.html
○今のジャーナリズムは明治初期の時代と大差ないのか?・・・http://paworld.at.webry.info/200904/article_14.html
○おふくろ先生の診療日記2 奇跡の物語・・・http://paworld.at.webry.info/200906/article_19.html
○官僚達の夏 に観る“日本経済復興期”・・・http://paworld.at.webry.info/200909/article_2.html
○痛快テレビドラマ “まっすぐな男”・・・http://paworld.at.webry.info/201001/article_8.html
○戦争の悲惨と卑怯 ベトナム戦争 「ハーツアンドマインド」・・・http://paworld.at.webry.info/201007/article_5.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Poo
2011年12月03日 13:36
ドラマでの殺人被害者は年間何人居るのだろう。 恐ろしい数になるはずだ。
言論、表現の自由の範囲を超えていると思うがなぜ取り締まらないのだろう。
正論かも
2011年12月06日 18:55
Poo さん、コメント有難う御座います。

 殺人事件を扱うドラマが多いことに驚きますが、アニメにも多いようですね。
 発想の貧困さや、創造力のなさを感じます。

大人はまだしも、子ども達や青少年に与える影響はどうなんでしょう。
 放送局へ直接訴えることを、根気よく続けることも、出来ることの一つでしょうか。

この記事へのトラックバック