本日、2月7日は「北方領土の日」です。

ロシアって野蛮な国ですね

 日ソ中立条約が締結されたのは1941年(昭和16年)4月13日調印。

有効期間は5年で、その満了1年前までに両国のいずれかが廃棄を通告しない場合は、さらに次の5年間、自動的に延長されるものとされた(第3条)。

1945年(昭和20年)4月5日、翌年期限切れとなる同条約をソ連は延長しないことを日本に通達した。


広島市への原子爆弾投下は1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分。

 (この時点では日ソ中立条約は有効。有効期間は5年だから。)


ソ連は翌々日、8月8日に日本に宣戦布告、9日午前零時に、ソ連は日ソ中立条約を一方的に破って満州と南樺太の国境に侵攻する。

ソ連が攻撃を開始したのは、スターリンが日本の反撃はもう絶対に不可能だと確信した後だったと言われる。


北方領土問題学習室
 http://www.hoppou.go.jp/gakusyu/reclaim/index6.html

野田首相が北方領土返還に決意 返還要求全国大会開催  msn. 産経ニュース 2012.2.7 13:11

 「北方領土の日」の7日昼、領土問題の早期解決を目指す「北方領土返還要求全国大会」が都内で開かれ、野田佳彦首相は領土返還に向け「北方四島の帰属の問題を最終的に解決し、平和条約を締結する基本方針に従い、強い意志を持ってロシアとの交渉を粘り強く進めていく」と決意を表明した。

 首相はまた、来賓の大島理森自民党副総裁らに「全ての政党の皆さんと連立を組むような気持ちで、超党派で問題解決に全力で取り組みたい」と呼びかけた。

 大会には、四島の元島民や関係団体のほか、玄葉光一郎外相や川端達夫沖縄北方担当相も出席した。
 北方領土の日は、1855年2月7日に締結された日露和親条約で択捉島以南の北方四島が日本の領土と確認されたことに由来し、昭和56年に閣議了解された。

 領土返還運動の推進のため毎年この日に全国大会が開かれている。

 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120207/plc12020713120016-n1.htm

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック