しかし、酷い世の中になったものです。

 死にたい・食べてない… 「助けて」1日2万件

(2012年5月31日14時44分 読売新聞) YOMIURI ONLINE版
 
 国の補助金で3月にスタートした無料相談ダイヤルに電話が殺到し、開設2か月あまりでパンク寸前となっている。

 「死にたい」「5日間何も食べていない」など深刻な悩みも多く、厳しい世相を反映している。

 一般社団法人「社会的包摂サポートセンター」(本部・東京)が行う24時間対応の「よりそいホットライン」。

貧困、失業、いじめなどあらゆる悩みを1か所で受け止めるワンストップ型の支援が好評で、1日約2万件の電話に対し、つながるのは1200件程度だ。

 全国38か所の支援拠点で、午前10時~午後10時は計30回線、深夜・早朝も計10回線を用意。1回線に2人の相談員がつき、計約1200人が交代で対応する。活動に協力する各地の弁護士などが必要に応じて助言。命に関わる場合には、福祉団体などの支援員が相談者のもとへ駆けつける。

 インターネット上の口コミなどで存在が周知され、今では平均20回かけてやっと通じる状態だ。

 相談の7割は生活上の悩みで、30~50歳代からの電話が多い。「失業して家を失った」「生きていてもしょうがない」「誰かと話がしたかった」など、貧困や孤独を訴える声が目立つ。

 失業して生活保護を申請中という30歳代の男性は、「所持金が底をつき、何日も食べていない」と助けを求めてきた。衰弱した様子で、「命に関わる」と判断した相談員は、支援員に連絡して食料を届けた。「どこに相談しても、誰も助けてくれなかった」と、男性から感謝された。

 (2012年5月31日14時44分 読売新聞)

  http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120531-OYT1T00681.htm?from=top

<過去記事・・・後進に道を譲る   http://paworld.at.webry.info/201109/article_5.html >

初産は30歳超、初婚年齢も上昇…晩婚晩産進む

 厚生労働省は5日、2011年の人口動態統計(概数)を発表した。

 それによると、第1子出産時の母親の平均年齢は30・1歳と、初めて30歳を超えた。1975年は25・7歳だったが、30年後の05年には29・1歳に上昇。10年は29・9歳だった。

 また、平均初婚年齢も男性が30・7歳、女性が29・0歳で、ともに前年を0・2歳上回り、過去最高を記録した。

 11年に生まれた子どもの人数である出生数は、前年比2万606人減の105万698人で、統計を始めた1947年以降で最も少なかった。

 出生数を大きく左右する34歳以下の母親の出産が減少傾向にあるためだ。

ただ、35歳以上の出産は増加傾向にある。

 1人の女性が生涯に産む子どもの人数に近い推計値「合計特殊出生率」は1・39で、前年と同じだった。

出生数が減る中、出生率が横ばいだったのは、女性の人数も減っているためだ。

 http://www.yomiuri.co.jp/komachi/news/20120606-OYT8T00223.htm?from=yoltop

 (2012年6月6日 読売新聞)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック