日本の一番良い時代だったのかもしれません。 「みかんの花咲く丘」 童謡は世界に誇る日本文化

参照・・・2011年6月11日(土) 朝日新聞より     

終戦直後に生まれた童謡。1946年8月25日に発表された。
作詞は加藤省吾、作曲は海沼實による。レコードは、井口小夜子が吹き込んだ物(1947年7月・キングレコード)と、川田正子が吹き込んだ物(1947年・日本コロムビア)がある。
終戦から10年たった頃、若手の詩人や音楽家を中心に「新しい子どもの歌」運動が起きる。

しかし、童謡は「退廃した感傷趣味、営利目的」と批判される。

子どもらしい心よりも大人に通じる詩情が重視され、西欧風な発声法が広まった。

そんな風潮の中で、やり玉にあがったのがこの曲である。


みかんの花咲く丘 川田正子



<以下、正論かも・・・勿論、外国には良いところ、見習うところは多々あるとは思います。 が、日本にも良いところがあり、なにより外国とは気候・風土・位置・文化・宗教等違うところが沢山あるのです。
 
 輸血をする場合も下記のことが最低限必要です。

・血液型の一致(患者本人の確認)
・製剤の一致(オーダーされた血液と適合検査の確認)
・製剤確認(有効期限、放射線照射の有無、色調、バッグの異常)
・輸血中の観察(バイタル確認、副作用発現の確認)
・輸血後の確認(副作用なく、終了したことの確認)

これらを無視すると、重大な結果を招きます。

 あまりに外国の真似をし過ぎると、社会の崩壊を招くのではないでしょうか。>


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック